最新の赤ちゃん 祝い事

ビル

生まれてから一歳のお誕生日までに行われる五つの行事

赤ちゃんが誕生してから、満一歳のお誕生日を迎えるまでには、五つの祝い事があります。
まず一つ目が、「お七夜」です。
赤ちゃんが誕生して無事に一週間過ごせたことをお祝いし、これからの無病息災を願うことを意味しています。
また、お七夜は別名「名づけ祝い」とも言われ、名前のお披露目も行います。
生まれた日から数えて7日目に行う行事です。
 二つ目は、「お宮参り」です。
赤ちゃんの誕生を感謝して、地元の氏神様をお参りします。
正式には、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目と言われている地域が多いようですが、生後1カ月前後の体調や天候の良い日にちに行われます。
 三つ目は、「お食い初め」です。
この先、一生食べ物に困ることがないようにという願いを込めて行われる儀式です。
生後百日目に行われるのが一般的ですが、その地域によっては、百十日目、百二十日目など違いがあります。
 四つ目は、「初節句」です。
無病息災と健やかな成長を祈り行われます。
男の子は五月五日の端午の節句に、女の子は三月三日の桃の節句に行われます。
 そして、最後が「満一歳のお誕生日」です。
無事に一歳まで健やかに育ったことに感謝して、お祝いを行います。
どれも、健やかな成長を祈ることや、成長を感謝する行事です。
一生に一度しかないことなので、古い風習や形式は簡略化してもぜひ行いたい祝い事です。

当社のサービス一覧

生まれてから一歳のお誕生日までに行われる五つの行事

出産祝いで押さえておきたいマナー

出産祝い人気ギフトと不人気ギフト

赤ちゃんの行事で知っておきたいポイント